TOP > 前書き

前書き

今回の生涯教育講座のテーマは眼炎症です。代表的な眼炎症疾患は何と言ってもぶどう膜炎です。ぶどう膜炎診療の最も大切なことは、初期の段階で感染性と非感染性をきちんと鑑別し、適切な戦略を立てることです。そこで今回はぶどう膜炎を感染性と非感染性に大別し、最新の情報を判りやすくまとめていただくことにしました。さらにぶどう膜炎以外にも炎症が病態のキーになっている眼疾患がたくさんあります。甲状腺眼症などの眼窩内疾患、視神経炎などの神経眼科疾患、糖尿病網膜症などの網膜疾患、シェーグレン症候群などの前眼部疾患などが代表的なものでしょう。各々の局面で眼に動員される炎症細胞は多種多様で、炎症という側面から病態と治療をまとめておくことも大切です。炎症制御といっても、以前のようにステロイドだけで治療する時代は終わりつつあります。今回の生涯教育講座はそのような視点から第一線で活躍されている若手の先生に講演をお願いいたしました。有意義な時間を先生方と共有できればと思います。